teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


どうもありがとうございます

 投稿者:市川  投稿日:2014年 8月26日(火)15時50分38秒
  梶さん
皆様

ご丁寧に体験談を頂きどうもありがとうございます。
娘は勉強したい事が見つかり、本人が進学したいという選択を決めましたが、現実問題いろいろに難しい事にぶつかっているようです。

皆様の前向きなアドバイス参考になります
 
 

市川さんへ

 投稿者:梶   投稿日:2014年 8月25日(月)22時13分27秒
  市川さん、ご無沙汰しております。

お嬢さん、高校3年生になったのですね。


進学された方の体験談をということでしたので、ハッピースマイルのメンバー2名の方に聞いてみました。


①Aさん(娘さんは大学3年生)にお話しを伺いました。

「うちの娘は初めから大学進学を希望していました。
ですが、高校に進学して大学進学を考え始めた頃は、塾通いを初め厳しい受験勉強は娘には難しいと思っていました。

どうしようか悩みながら2年生になった頃、もともと真面目で学校の勉強はがんばっていたので、もしかしたら推薦で行ける大学があるかもしれないと思い、機会あるごとに学校に相談してみました。
けれども、障害がある子を推薦はできないと言われ続けました。

3年生になって具体的に考え始めて、娘が希望する勉強ができる大学と、毎年推薦枠があって通えそうな大学のオープンキャンパスに、私が初めに行って話 を聞いてきました。
すると意外に、大学の方は障害があるからという理由だけで高校の推薦を拒むことはしませんと言われ、それがきっかけで高校と連絡も取っていただけ、その後の本人の希望と頑張りもあって、なんとか今の大学に入れていただくことができました。

大学に進学したことが、将来の為に本当によかったのかは、もっと後にならないと分からないこともあると思いますが、高校時代他に目指す道もなく、周りの子に比べてとても幼く感じていたので、4年間を成長の中でもう少し将来を考える期間として過ごさせてもいいかなと思いました。

これから就活も、一筋縄ではいかないでしょうけど、本人とも相談しながらなるべくいい道が見 つけられればと思っています。」


②Bさん(娘さんは大学3年生)にアドバイスをいただきました。

「文面だけではよくわかりませんが
本人が行きたい大学に合格すれば1番ですが
大学に行く目的は何か?
①大学生活をしたい(猶予期間として)
②興味ややってみたい勉強がある
志望校を決定するにも確認しておいた方が良いと思います
言う事はきかないと言っても親がお金を出さなければ大学に行けないので、よく話し合った方が良いと思います
貴方が目標に向かって頑張るのなら親としてサポートするよと言ってあげたら少し心開くかも…」


③私が思うこと。

「私の娘は、学習の遅れが著しい為、大学や専門学校への進学は考えられませんが、

学習面が、さほどの遅れがなかったならば、間違いなく進学の道を選んだと思います。

大学の4年間では、勉強以外に得られる経験が多々あると思います。

部活あるいはサークル・ゼミあるいは研究室・アルバイト・ボランティア等々の学生ならではの社会経験もあります。

本人の意向と親御さんの意向にずれが生じた場合は、納得いくまで話し合うことがベストだと思いますが、

悩んだ末に決めた道は、後悔しないで歩んでほしいと思います。

違ったかなと思えば、また新たな道を探せばいいと思 います。

それは就労も同じです。

スタートラインには何度も立てるので、怖がらず、前向きな選択をしてほしいなと願います。」



茶話会は、今も不定期ですが開いていますよ。

また是非いらしてくださいね。


 

ご無沙汰しております

 投稿者:市川  投稿日:2014年 8月24日(日)10時04分48秒
  4.5年前に一時お世話になりました。その節はありがとうございました
娘が高校を卒業するにあたり、やはり女のお子さん達がどうされているのか?
伺ってみたくて投稿させて頂きました。

本人の考えがあり、親の言うことは聞かなくなりました…進学希望しているようですが、現状は厳しそうな感じです。
進学された方いらしたら体験談教えてくださいませ。
 

2014年 Happy New Year

 投稿者:なお  投稿日:2014年 1月 2日(木)17時06分13秒
  新年 あけまして おめでとう ございます。

今年もみなさんと一緒に、
泣いたり笑ったりの一年を過ごしたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。
 

自己肯定感

 投稿者:なお  投稿日:2013年 7月 5日(金)23時15分4秒
  昨日は茶話会日でした。
総勢21名の参加でした。
数年ぶりに顔を見せてくれた方、初めての方、ひょっこり来てくれた方、いつも来てくれる方…
私は来てくれた皆に”感謝”の一言を贈ります。
出会えたことに感謝し、みんなで頑張って乗り切っていきたいと強く願います。

昨日の茶話会では、障害を抱えた子どもたちの自己肯定感をいかに高めていくか、
その必要性の話で盛り上がりました。

そんな中、私の思いを皆に伝えられなかったので、ここで伝えたいと思います。

障害があっても考える力を持っている子どもたちです。
お母さんのこともしっかり見ています。
お母さん自身も自己肯定感を高めていきましょう。
自分自身の楽しみを見つけ向上心を持ち、生き生きと過ごしましょう。
なかなか難しいかもしれません。
そういう気持ちで臨んでみませんか?

昨日の茶話会で、久しぶりにお会いした方から、娘の今を聞かれました。
確かに気になりますよね。
私事的なお話を少しさせてください。

娘は今現在も同じ職場で働いています。
5年目です。
皆さんがよくご存知の製パン会社の障害者雇用です。
ジョブコーチも付けず、親の出る幕はありません。
正直、仕事はハードだと思います。
でも、娘はやりがいを感じています。
入社当初は、5年続けば良しと思っていましたが、しっかり職場に居場所を見つけた感じです。
先月は、1泊の社員旅行にも参加し、楽しい経験を積んでいます。
障害を理解し支援してくれる方が職場にいます。
私は直接関わりはありませんが、娘から聞く限り、その方の存在は大きいと思います。
仕事の大変さは自分だけではなく、職場の皆も同じだという状況がわかる娘です。
仕事のミスもちょこちょこあるようです。
ミスにくじけず、同じミスを繰り返さないように、自分なりに努力している様子がみられます。(それでもやっぱり同じようなミスをしてしまうみたいですが^_^;)
朝7時に家を出て夜8時に帰宅します。
9時~18時までの勤務です。
家ではのんびりくつろいでいます。
自立への訓練する余力が無いのが現状です。
ですが、体が続く限りこの職場で頑張るべきかも。と思える今日この頃です。

就労への道は、障害があってもなくても厳しい状況は続いています。
私の娘が就労に結びついたのは、親子の努力だけではなく、
養護学校の先生方の尽力のおかげです。
本当に感謝しています。

私たち親子は、大勢の理解者を得ることで自己肯定感を高めることが出来たように感じています。








 

2013年

 投稿者:なお  投稿日:2013年 1月 2日(水)23時37分39秒
  新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。
 

2012年 大晦日

 投稿者:なお  投稿日:2012年12月31日(月)18時56分22秒
  皆様 今年も一年大変お疲れ様でした。
   今年も一年お世話になりました。


笑うことよりも泣きたいことの方が多かった。という人がたくさんいましたね。
茶話会に参加している間だけは、少し笑顔になれましたか?
みんな、自然に笑顔が出ていましたよ。
たまには笑顔でいましょうね。


来年もどうぞよろしくお願いいたします。

よいお年をお迎えください。









 

2012年

 投稿者:なお  投稿日:2012年 1月 3日(火)10時14分52秒
  明けましておめでとうございます!!


今年もよろしくお願いいたします(*^▽^)/★*☆♪
 

今年も一年ありがとうございました。

 投稿者:なお  投稿日:2011年12月31日(土)08時41分19秒
  2011年は、地震や台風など、天災の怖さを改めて感じた年でした。

2012年は、明るい話題の多い一年になりますように心より願っています。

皆さん、どうぞよいお年をお迎え下さい。
 

キョンキョンさん、ありがとう

 投稿者:なお  投稿日:2011年 9月22日(木)23時24分10秒
  こちらこそ、いつもありがとう(*^。^*)

私自身もLD協会で先輩ママと出会えたことが糧になり、娘と向き合うことが出来ました。

後輩ママたちにつなげていく必要を感じていました。

キョンキョンさんもそういったつながりを大切にしてくれています。

お嬢さんも進学に向けて一生懸命努力をしています。

学校の選択肢はそれぞれですが、就労への目標は皆おなじです。

娘さんとしっかり向き合っていきましょうね!

また次回の茶話会でお会いできることを楽しみにしてます(^_-)-☆
 

レンタル掲示板
/12